健康づくり教室開催

産業能率大学情報マネジメント学部3年野村太雅です。

4月25日に産業能率大学 collaboration with湘南ベルマーレ・スポーツ教室が開催されました。私は「スポーマネジメントの実践」という科目を履修しており、この科を履修している学生12名が運営スタッフとして、準備、サポートを行いました。その一環として、今回は私がブログを書かせていただきます。

0425_1

0425_2

8:30 学生が中心となり、会場設営を行いました。会場となる教室の準備、看板の設置等をしました。学生がそれぞれ自分の分担の仕事をこなし、終わり次第、周りの学生を手伝いました。看板の設置では教室の参加者の皆様に分かりやすいように、複数の看板を設置しましたが、学生のアナウンスは少しおろそかになってしまいました。次回はその点の改善に努めていきたいと思います。
 

 

 9:00 受付を開始しました。参加者の皆様が続々といらっしゃいました。運営する学生スタッフに緊張が見られます。参加者の最年少は中学生、最年長は80歳代と老若男女様々な年代の方々が教室に参加していました。

0425_5

9:30 スポーツ教室の開講式の開始です。参加者は総勢13名。開講式の司会を学生が務めました。 講師は湘南ベルマーレフィットネス&コンディショニングゼネラルマネジャーの竹江トレーナーと内藤トレーナーです。

0425_6

10:10  ストレッチマットとグリッドを使った運動に入りました。グリッドとは筒状のセルフマッサージ機材のことで包括的なトレーニングを可能とし、筋膜の硬化を和らげたり、防止することが可能となります。今回の教室では普段使わない筋肉をしっかりと使い、それを円滑とするためにグリッドを使い、筋膜ほぐしをしました。序盤は参加者の皆さん余裕のある表情で行っていましたが、グリッドを使い始めると苦悶の表情を浮かべ始め、「痛い」などの声も聞かれました。実際に私もグリッドを使ってみましたが日頃の運動不足もあり、若干20歳にして大変痛かったです。(;_;)運動する際にはいろんな筋肉を使わないとウォーキング姿勢が悪くなってしまうので、様々な筋肉を使うことの大切さを痛感しました。

0425_11 0425_13

10:50  ストレッチを終え、実際に皆さんがウォーキングを実践されました。スキップ等の普段しないような形での運動を取り入れながら、ウォーキング姿勢を意識し、教室内での指導を自分の歩き方に生かしていました。本日の教室の集大成であるので、皆さん和やかさの中にも真剣さがみられました。私も猫背気味で歩いてしまう癖があるので、参加者の皆さんの姿勢を見習わないといけないと思いました。

0425_16

11:20  最後に参加者の皆さんで集合写真を撮影し、スポーツ教室は終了となりました。参加者の皆さん大変お疲れ様でした。私たちの今回の経験を糧に次回以降の教室運営に生かしていきたいと思います。

0425_17

次回は5月17日(日)の「初心者サッカークリニック①ドリブル」です。

多くの方の参加をお待ちしています。