健康づくり教室 2016.4.29

4月29日に産業能率大学湘南キャンパス、ラーニングコモンズ メイプルにて

「産業能率大学 collaboration with湘南ベルマーレ・スポーツ教室」で健康づくり教室が開催されました。

 

このスポーツ教室は、産業能率大学が持つスポーツ施設と、湘南ベルマーレの指導者のノウハウを活用し、スポーツを通じて伊勢原周辺地域への貢献活動を目的として2008年から開催されています。

私達は、「スポーツマネジメントの実践」という授業を履修しており、

スポーツ教室の準備・運営などのサポートを通じ、スポーツイベント現場におけるマネジメントについて学ばせて頂いております。

今回この教室の広報・ブログを担当させて頂きます産業能率大学情報マネジメント学部3年の佐藤貴雄です。よろしくお願いします。

0429_1

9時半の受け付け開始に向け、学生達は会場の設営を行いました。

初めてのイベント運営ということもあり、何から手を付けたらいいのか戸惑いながらも

時間までに参加者の受け入れ態勢を整えることができました。

 

そして、受け付けを開始しました。

15歳から78歳までの幅広い年齢の方々、総勢24名に参加して頂きました。

0429_2

前半は、健康に関する講義です。

今回のテーマは「セルフ筋膜リリース」

筋膜とは筋肉や内臓など、体内の至る所で張り巡らされているものであり

姿勢を支え、リンパの筋道となっていることや

長時間同じ姿勢で座っていたりすることが筋膜の周辺組織との癒着を招き

体の可動域を狭めてしまう原因になっていると教えて頂きました。

そこで、筋膜をほぐすことで、体の可動域を広げ体の動きが軽くなるのです。

0429_3

 

そして後半

マットとグリッドと呼ばれる筒状セルフマッサージ用具を使っての筋膜をほぐすストレッチです。

まずは、ペアになっての体の歪みチェックです。

皆さん普段から健康に気を使っているようで、初対面にも関わらず会話が弾んでいました。

0429_4

グリッドで圧迫と解放を繰り返すことで、次第に筋膜がほぐれてきました。

こまめに水分補給することで、効率が上がるようです。

0429_5

 

 

今回のストレッチで一番筋膜のリリースを感じたのが股関節のストレッチでした。

グリッドを股関節の付け根に当て、前後に体重移動し刺激を与えます。

すると...参加者の皆さんからは「痛い!」の声が聞こえてきました。

 

 

最初は体が硬かった方も全てのストレッチが終わった時にはスッキリしたことでしょう。

普段から健康に気を使い適度な運動を行うことで、今回の参加者の皆さんの様にいくつになっても若々しさを保てることを学ぶことができました。

0429_6

 

最後に参加者の皆さんで集合写真を撮影し、スポーツ教室は終了となりました。

参加者の皆さん、ご来場頂きありがとうございました。

 

次回は5月15日(日)「幼児(親子)動きづくり教室①(走る・跳ぶ)」です。

多くの方のご参加をお待ちしております。